今さら聞けない!オーガニックコスメと普通のコスメの違いとは?

美容に敏感なオトナ女子たちがこぞって愛用している「オーガニックコスメ」。
芸能人やモデルさんも頻繁にSNSやブログなどで紹介していますよね♪

 

でもなぜそんなにも今、オーガニックコスメが人気なのか。
イメージ的には「普通のコスメの方が優秀なんじゃない?」と疑問に思っている方も少なくないのではないでしょうか?

 

今回は、化粧品を使う上で知っておきたい”オーガニックコスメとケミカルコスメの違い”についてまとめていきましょう◎

 

【決定的な違いはココ!】
オーガニックコスメとケミカルコスメの決定的な違いは「含まれている化学成分の量」です。

 

そもそもオーガニック化粧品とは、農薬や肥料といった化学合成成分を使用せずに栽培された、有機素材で作られたコスメのこと。

 

お肌に刺激を与えやすい化学成分が含まれていない(または少量である)オーガニックコスメはお肌にやさしいという特徴ゆえに多くの女性たちから支持されているのです◎

 

【必ずしもオーガニックではない?】
現在販売されているオーガニックコスメの中にはケミカル成分が多量に入っているものも少なからず存在します。

 

「そんなことがあっていいの?!」と思うのも無理はありませんが、残念ながら今の日本ではオーガニックコスメに対する明確な基準が設けられておらず、メーカーが”オーガニックコスメです”と言ってしまえば、そのままオーガニックコスメとして販売することが出来てしまうのです。

 

オーガニックコスメの人気が高まっている昨今は特に”オーガニック”や”ナチュラル”を売りにした化粧品が増えています。

 

オーガニックコスメを選ぶときは広告や人気度に注目するのではなく「本当にオーガニック成分が使われているのか?」、「本当にお肌にやさしいのか?」といったポイントをしっかりと見極めて購入することが大切であると言えるでしょう◎

 

無添加コスメ&オーガニックコスメを選ぶときの注意点とは?

「スキンケアに使う化粧品は、なるべくお肌にやさしいものを選びたい!」
これは誰もが願望として持っているものですよね♪

 

特に敏感肌さんは、お肌への安全性を一番に考えた化粧品選びをされているのではないでしょうか?

 

お肌にやさしい化粧品と言えば、やっぱり最初に思い浮かぶのは「無添加」をアピールしたアイテムですね♪

 

次にオーガニックコスメやナチュラルコスメといったところでしょうか(*^_^*)

 

いずれも一般的なスキンケアアイテムと比較すると”お肌に刺激となる成分が少ない”というメリットがあるため、敏感肌さんにはうってつけのものと言えます◎

 

ですが、無添加やオーガニック、ナチュラルという言葉も鵜呑みにしてしまうのは危険!

 

どういう意味合いでこれらの言葉が使われているかをしっかりと理解しておく必要があります。

 

まず、化粧品に使われている「無添加」という言葉。
これはなにも添加物が一切使われていないことを示すものではありません。

 

あくまでも無添加なのは、旧厚生省が指定した「旧指定表示成分」のみであり、化学成分が一切使用されていないことを意味しているものではないのです。

 

また、ナチュラルコスメは植物由来の原料をメインに作られている製品とされていますが、使われている成分や植物由来原料の割合等に決まりがないため、物によってはケミカル成分がたんまり入っている可能性もあります。

 

さらに日本ではオーガニックコスメに対する基準が設けられていないので、オーガニックコスメとして売られているものであってもケミカル成分が多く含まれているものがあり、ナチュラルコスメ同様、購入する前の成分チェックが必須になってきます◎

 

お肌にやさしいと謳っているものでも、その実情はまったく異なる場合も。
スキンケアアイテムを選ぶときは、キャッチコピーや広告だけでなく、パッケージに記載されている成分表示の確認を欠かさないよう注意しましょう。

関連ページ

30代がするべきスキンケアは!?【※乾燥肌・敏感肌は要チェック】
30代がするべきスキンケアと紹介しています。